忍者ブログ
HOME > > [PR] > 例会報告2009 > 2009年3月15日:ゼンドー RSS   Admin NewEntry Comment
ち~む@じょいふるボードゲーム部でプレイしたボード・カードゲームのレポートです。
  • 2017.06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Dsc00085.jpg【ゼンドー/Zendo】
販売:Looney Labs
デザイナー:Kory Heath
プレイ人数:3-5人
プレイ時間:60分


入手しておかなかったことをいたく後悔した「ゼンドー」を、遂に手に入れたのでお試しプレイしてみました。

「ゼンドー」は、その名のとおり禅問答をモチーフにしたゲームです。
師匠がコマの組み合わせで法則を表現し、弟子がその法則を推理していきます。
論理系のゲームですが、ライバル弟子にヒントを与え過ぎないような駆け引きも必要となることがあります。

今回はゲームの雰囲気を掴んでもらうべく、私が一つだけ法則を作り、それを先に当ててもらったほうが勝利、というスタイルにしました。

作った法則は「赤いコマを1つだけ使う」というものでしたが、たまたまこれがいい難易度だったようで、惜しい回答が連発しつつも当たらない、という面白い展開になりました。

結局、場にあるコマがなくなってしまう危険性を感じた辺りで遂に伝五郎君が法則を看破し、勝利となりました。
ゲームの雰囲気は十分に掴んでもらえたようで、当初の目論見は達成できたようです。

このゲーム、勝敗規定その他ゲーム的なルールに関する部分がやや曖昧になっている感じがするので、少し詰めてみたいですね。
後、師匠役は固定したほうがゲームが安定しますね。
師匠役は推理する楽しみはないですが、紛らわしいヒントを出したりできるので、こちらもなかなか楽しいと思います。
法則を作るのが結構難しいので、ある程度自動で作ってくれるプログラムとかあるといいかもしれないですね。


プレイ結果
いずみっくす 師匠
伝五郎
E大臣  

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
これって
昔やった記憶があります。
とても楽しかった記憶が^^
入手はしたのですがルールがなくて…
後でルールをいただけたら幸いです。
Serra 2009/04/25(Sat)10:05:10 編集
無題
コメント放置になってしまいまして大変申し訳ない><;

サンガさんがお持ちでしたよね、確か。
私も高崎で遊ばせていただいて、それからずっと欲しくて探していたゲームです。

実は私のもルールが完全ではないんですが、それでよろしければ後ほどー。
いずみっくす 2009/07/27(Mon)18:42:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23
プロフィール
HN:
いずみっくす@群馬
性別:
男性
趣味:
ゲームと名のつくものは大抵好きです
自己紹介:
アナログゲーム勢(いずみっくす)であり、キャリバー勢(いずみっくす@群馬)であり、EQ2勢(Felda)である人です。Civ、HoMM等々PCゲームも大好きです。
つぶやき
Twitter ブログパーツ
アクセス解析
ち~む@じょいふるボードゲーム部 例会報告 Produced by いずみっくす@群馬
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]