忍者ブログ
HOME > > [PR] > 例会報告2009 > 2009年3月1日例会:セイラムの魔法使い RSS   Admin NewEntry Comment
ち~む@じょいふるボードゲーム部でプレイしたボード・カードゲームのレポートです。
  • 2017.06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Dsc00019.jpg【セイラムの魔法使い/Der Hexer von Salem】
販売:KOSMOS
デザイナー:Michael Rieneck
プレイ人数:2-4人
プレイ時間:60分


先日ルール誤解釈で悔しい思いをした「セイラムの魔法使い」を再プレイ。

前回のプレイ経験を活かし、「魔法使い」にやられないうちに「眼鏡」と「アーティファクト」を集め、できるだけ早く次元の扉の調査と封印を進めてしまいたいところ。
そのためには各プレイヤーが3種類あるアーティファクトのそれぞれを担当する形が好ましいというということになりました。
眷属は危険なもの以外は急いで排除しない、という方針です。

今回はかなり順調でした。
「眼鏡」が場に多かったお陰で、早い段階から次元の扉を探り当て、封印していくことに成功。
アイテム集めも順調で、このまま進めば十分に勝利できるはずです。

ところが・・・。
今回も計算を狂わせてくれたのは「魔法使い」でした。
前回辛酸を嘗めさせられているので、素早く対処するべく動いたのですが・・・それよりも更に早く活性化してしまいましたorz
これで、楽勝ムードが一気に吹き飛んでしまいます。

ところが、捨てる神あらば拾う神あり?
手番が一周するとイベントが発生するのですが、イベントカードは12枚中8枚しか使いません。
今回、悪いイベントが殆ど含まれておらず、この点で大きく助けられました。
特に、旧支配者の影が全く現れなかったのが大きかったです。

とは言え、予断は許されません。
次元の扉こそ封印に成功しましたが、無理を重ねたため精神点はボロボロ、ネクロコマの進度もかなりのものです。
しかも、今回の旧支配者はニャルラトテップであり、ダイス目の損害が増えるため、無駄な移動は即命取りになります。
綿密な計算と入念な打ち合わせを行い、慎重に慎重に行動してこれ君がニャルラトテップを封印。
E大臣は安全のためミスカトニック大学にもどり、最後にアーティファクトを持っていた私が大学を封印!!!

そして、前回の記憶も生々しい次元の扉確認タイム。


結果・・・。
全て正しく封印されており、かくして世界はギリギリのところで救われたのでした。


というわけで、イベントカードの幸運に助けられどうにか勝利することができました。
これ君の精神点は僅か1点しか残っておらず、まさに薄氷を踏む思いでした。
緊張感に包まれつつ、ギリギリで勝利・・・という協力型ゲームとしては最高の終わり方?となり、非常に満足感の高いプレイでした。

しかしこのゲーム、次元の扉なのかどうかを他プレイヤーに知らせてはいけないとルールに規定されているのですが、これが微妙に機能しづらく感じます。
直接言わなくても解答に繋がることは容易に言えますし、次の手番の行動で示すのも難しくはありません。
そういうプレイをしろ、ということなのかもしれませんが、それなら「次手番(或は2~3手番後)以降は知らせて良い」ということでも大丈夫かなー、と思いました。


プレイ結果
E大臣
いずみっくす
N島
これ

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
これはいいですよね^^
セイラムとても面白いです
因みにこちらの結果は
12戦2勝10敗w
2勝の勝ち点は
16点と35点でした

買った時は勝ち点も数えると面白いですよ^^
Serra 2009/04/25(Sat)10:03:50 編集
無題
なかなかハードですよねー。

今度やるときは勝ち点数えてみますヽ(´ー`)ノ
いずみっくす 2009/07/27(Mon)18:43:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [20]  [21
プロフィール
HN:
いずみっくす@群馬
性別:
男性
趣味:
ゲームと名のつくものは大抵好きです
自己紹介:
アナログゲーム勢(いずみっくす)であり、キャリバー勢(いずみっくす@群馬)であり、EQ2勢(Felda)である人です。Civ、HoMM等々PCゲームも大好きです。
つぶやき
Twitter ブログパーツ
アクセス解析
ち~む@じょいふるボードゲーム部 例会報告 Produced by いずみっくす@群馬
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]