忍者ブログ
HOME > > [PR] > 例会報告2011 > 2011年5月14日例会 RSS   Admin NewEntry Comment
ち~む@じょいふるボードゲーム部でプレイしたボード・カードゲームのレポートです。
  • 2017.06≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今例会でプレイされたゲーム:

「髑髏と薔薇」

【髑髏と薔薇】
Dsc01095.jpg
話題のブラフゲーム、「髑髏と薔薇」を入手したので早速プレイしてみました。

コースターを模したタイルを配置し、それが髑髏なのか薔薇なのかを推理していくゲームです。
ちょっとルールを読むと、「これでゲームになるの?」と思ってしまうくらい、シンプルな作りになっています。
まず、プレイヤー全員がタイルを1枚配置し、スタートプレイヤーから順にタイルを配置するかチャレンジを宣言するかを決めます。
チャレンジが行われればそれを解決し、そうでなければ次のプレイヤーに手番が移ります。
たったこれだけです。
しかしこれだけだからこそ、他プレイヤーの意図を読むのが非常に難しく、そして面白くなっているのです。
タイルを置くかどうか迷ったか。
タイルを置くのにどのくらい時間がかかったか。
チャレンジで宣言した枚数は幾つか。
その枚数を決めるのに迷ったか。
そう、ありとあらゆるものがヒントとなり、同時にブラフになっているのです。

ということで、初回ながらも虚々実々の駆け引きが繰り広げられました。
途中、N島さんが全て薔薇になってしまい、それがほぼ全員に分かってしまいましたが、他は一進一退。
私も初めてのミスで髑髏を失ってしまい、それが下家の伝五郎くんに分かってしまった(ルールを誤り、除外したタイルを除外したプレイヤーに確認させていました)ため、動きが取れなくなりました。
何とか誤魔化して生き延びていたものの、結局伝五郎くんがチャレンジを成功させてゲームセット。

なるほど話題になるだけあってこれは本当に面白いゲームですね。
簡単に、しかし濃密な腹の探り合いができるこの「髑髏と薔薇」、オススメです!

これ:1 N島:0 ひいろ:1 いずみっくす:1 伝五郎:2◎

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[136]  [126]  [135]  [138]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
プロフィール
HN:
いずみっくす@群馬
性別:
男性
趣味:
ゲームと名のつくものは大抵好きです
自己紹介:
アナログゲーム勢(いずみっくす)であり、キャリバー勢(いずみっくす@群馬)であり、EQ2勢(Felda)である人です。Civ、HoMM等々PCゲームも大好きです。
つぶやき
Twitter ブログパーツ
アクセス解析
ち~む@じょいふるボードゲーム部 例会報告 Produced by いずみっくす@群馬
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]