忍者ブログ
HOME > > [PR] > 例会報告2010 > 2010年10月17日例会 RSS   Admin NewEntry Comment
ち~む@じょいふるボードゲーム部でプレイしたボード・カードゲームのレポートです。
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今例会でプレイされたゲーム:

「ロンドン掠奪事件」
「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」
「ごいた」

【ロンドン掠奪事件】
Dsc00803.jpg
今日の参加者は6人でしたが、最初は私が抜けて5人で「ロンドン掠奪事件」がプレイされました。
内容は見ていなかったので結果のみの掲載です。
点数的にはかなり接戦だったようですね。


伝五郎:17 あねご:11 これ:14 ひいろ:18◎ N島:17



【レース・フォー・ザ・ギャラクシー】
Dsc00804.jpg
抜けた私が何をしていたのかというと、「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」のスリーヴ入れ替えでした。
ひたすら英語版のカードをスリーヴから取り出して、今回入手した日本語版のカードを入れるという地味な作業ですw


「ロンドン掠奪事件」の終了ちょっと前にこの作業が完了したので、2-4に分かれて遊んでみることになりました。
今回は、日本語版発売記念ということで?久々に基本セットのみのプレイ、更に2人プレイは初めてです。


2人プレイは通常ルールと異なり、各プレイヤーが2枚ずつカードを選択します。
そのため、特化することも幅広く展開することも可能になっています。
今回はそうならなかったのですが、消費・生産体制が完全に整うと凄いことになりそうです。


プレイしてみて感じたのは、兎に角テンポが早い!
やはり、毎ラウンド2枚カードが選択できるのは大きいですね。
このゲーム自体それなりの回数をやっている2人でのプレイだったとはいえ、15分もかからずに終わったのは驚きです。
今後は2人ゲームの選択肢として意識しておく必要があると思いました。


待望の日本語版だったわけですが、やはり日本語のカードは良いですね。
特に、カード名が日本語化されたことによって、カードのイメージがより鮮明に感じられるようになったのは大きいと思います。
元々テーマ性は豊かなゲームですので、こういった部分が強調されるのは嬉しいです。
11月、12月と拡張の発売が予定されているので、全てが日本語版になるのもそう遠いことではなさそうですね。


これ:36 いずみっくす:36



【ごいた】
Dsc00805.jpg
最後は再び私が抜けて「ごいた」。
途中から観戦していたのですが、最終ラウンドがなかなか面白いことになっていました。
早い段階でひいろさんがピンポイントのカードを出し、一気に無双状態w
こういうこともあるんですねー。

ひいろ-あねご:170◎ N島-伝五郎:110

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[108]  [103]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
プロフィール
HN:
いずみっくす@群馬
性別:
男性
趣味:
ゲームと名のつくものは大抵好きです
自己紹介:
アナログゲーム勢(いずみっくす)であり、キャリバー勢(いずみっくす@群馬)であり、EQ2勢(Felda)である人です。Civ、HoMM等々PCゲームも大好きです。
つぶやき
Twitter ブログパーツ
アクセス解析
ち~む@じょいふるボードゲーム部 例会報告 Produced by いずみっくす@群馬
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]