忍者ブログ
HOME > > [PR] > 例会報告2010 > 2010年9月17日例会 RSS   Admin NewEntry Comment
ち~む@じょいふるボードゲーム部でプレイしたボード・カードゲームのレポートです。
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今例会でプレイされたゲーム:

「アセンション:神殺しの年代記」
「グローリー・トゥ・ローマ」

翌日に控えたオープン例会の荷物運搬準備を終え、時間が余ったのでN島さんと2人でゲームをプレイすることになりました。

【アセンション:神殺しの年代記】
Dsc00727.jpg
まずは「アセンション:神殺しの年代記」から。
基本となるルールを説明し、カードについては公開される都度説明することにしました。
この方法だと、ドミニオン経験者相手だと本当にインストが早いですし、そうでない相手でも「取り敢えず進めてみましょう」という状態にはすぐもっていけると思います。

今回は序盤からモンスターが多めの場でした。
にも関わらずパワーを増やすカードが場に少なかったため、私は基本カードであるHeavy Infantryを買い増す方向でスタート。
一方、N島さんは首尾よくパワーを増やすコンストラクトを手に入れ、若干の優位を持ちます。

私はHeavy Infantryが回り始め、なかなかよいテンポでモンスターを倒していきます。
勝利点トークンも結構な差がついてきて、このままいけるかな? と思いましたがここで転機が。
倒すのにパワー7を必要とする最強のモンスターを、N島さんが見事なカードの引きを見せ付けて撃破!
このモンスターは倒した時に場にあるカードを追加で1枚獲得或いは撃破できるのですが、この時場にあったのがコスト8のコンストラクトカード。
コンストラクトは得点が高く設定されていることもあり、これで一気に追いつかれてしまいます。

その後も状況はどんどんN島さんに有利に展開していきます。
メカナ・コンストラクト(ヒーローやコンストラクトには種族があり、メカナはその1つ)に関係するカードを次々と購入し、圧倒的な体制を作り上げることに成功。
私も悪くない感じでモンスターを撃破していますが、長引けば長引くほどN島さんに有利になるのは明らか。
一刻も早くゲームを終わらせたいのですが、この辺りから点数の高いモンスターが出なくなってきます。
Cultistを殴って買い物をして終わる手番が増えてきますが、こうなるとコンストラクトからパワーの出せるN島さんが有利です。

そして、遂に勝利点トークンが尽き、ゲーム終了。
76-76の同点、手番の関係でN島さんの勝利となりました。

今回はなかなか痺れる展開になりました。
獲得順、撃破順をよく考えてカードをプレイしていくのは楽しいですし、その目論見が当たってカード展開が繋がった時は思わずガッツポーズですw
2人用ゲームとしてはかなり優秀な部類に入ると思います。
まだ3人以上では試していないので、今度は3人、4人でプレイしてみたいですね。

いずみっくす:76 N島:76◎



【グローリー・トゥ・ローマ】
Dsc00728.jpg
続いては、やはり「グローリー・トゥ・ローマ」。

私は初期手札に手札上限を増やすShrineがあったので、それを目指す方向に進みます。
N島さんは前回の反省を活かして?MERCHANTを意識した動きに。
勿論私もそうしたかったのですが、MERCHANTクリエンテスが獲得できず、VAULTで差がついてしまいます。

その後、更に手札上限を増やすためTempleの建設に入りますが、どうにも展開が遅くて辛いところ。
現場カードがどんどんなくなっていき、手札11枚体制が完成した頃には残る現場カードはWOODが1枚・・・。

万事休すです。
これでN島さんが現場カードを枯らせて惨敗かな・・・と思ったらどういう訳かそうなりません。
どうやら、序盤~中盤でWOODのカードが場に出過ぎてしまい、引いてこなくなった模様。

これはチャンス、ということで巻き返しを図ります。
大量のカードを活かし、遅まきながらMERCHANTで逆襲開始、更に街の外の現場を用いて点差を縮めていきます。
しかし、あと少しというところで遂にN島さんがWOODカードを引き当て、現場カードがなくなってゲーム終了となりました。

結局、惜しくも3点差で届かず。
やはり、MERCHANTには何とかして絡んでいきたいですね。

N島:41◎ いずみっくす:38

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[93]  [92]  [91]  [90]  [88]  [89]  [86]  [85]  [84]  [83]  [80
プロフィール
HN:
いずみっくす@群馬
性別:
男性
趣味:
ゲームと名のつくものは大抵好きです
自己紹介:
アナログゲーム勢(いずみっくす)であり、キャリバー勢(いずみっくす@群馬)であり、EQ2勢(Felda)である人です。Civ、HoMM等々PCゲームも大好きです。
つぶやき
Twitter ブログパーツ
アクセス解析
ち~む@じょいふるボードゲーム部 例会報告 Produced by いずみっくす@群馬
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]